車以外の交通機関

車以外の交通機関



ワンちゃんと旅行をする場合、多くの人がマイカーを利用するようですが、マイカー以外の交通機関もあなどれません。

特に遠方に行く場合や離島にいく場合には、車だけでの移動が物理的に難しい場合もあるでしょうし、免許をお持ちでない飼い主の方もいることでしょう。


マイカー以外の交通機関

ただし、同じ犬と言っても小型犬から大型犬まで色々なサイズの犬がありますので、対応可能な犬の大きさなど、詳細ついては、各交通機関にお問い合わせください。


ここでは愛犬を連れて行く場合の、マイカー以外の交通機関についてご紹介します。


電車

電車の場合は、キャリーバッグに入る大きさの犬であれば、電車内に乗せることができることがほとんどです。料金の方ですが、多くは有料で、ごくまれに無料である場合もあります。

ごく一般的という意味でJRの料金をご紹介しますと、ペットは「有料手回り品」という扱いとなり、1辺の長さ70cm以内で、かつタテ・ヨコ・高さの合計が90cm程度のケースに入れ、更にケースとペットの重さの合計が10kgであることが決められています。大型犬は無理ですね。

  ↑カワイイキャリーバッグ

改札口でペットを見せ、ケース・キャリーバックにハリガネの付いた札のような「普通手回り品切符」を購入して付けます。

料金は一律270円ですが、乗り換え時に再度購入しないといけない場合などもありますので注意が必要です。

新幹線や寝台車もケースやキャリーバッグに入っていれば理論上は問題ないのですが、食事やトイレのことを考えると、長時間の乗車には無理があるかもしれません。

旅行計画を立てる際には、無理のない乗車時間で降車できるようにしておきましょう。


飛行機

国内線のほとんどの飛行機にペットを乗せることができますが、一部登場できない犬種を規定している航空会社もありますので、事前に確認が必要です。

飛行機の場合、人間と一緒に客室内には入れません。

「受託手荷物」として、指定のクレートに入れて荷物室に預かってもらいます。クレートとは下の写真のような入れ物で、貸し出しの場合1個500円です。(要確認)

  ↑ひとつ持っておけば持ち運びも便利なクレート

ひとつ購入して持っておけば、普段から慣れさせた環境をそのまま持ち込めますので、少し安心です。(お手持ちのクレートが、利用する航空会社の指定に合っているか確認が必要です)

JALでは2008年から、破損・水漏れの心配のない給水器なら持参して、クレートにとりつけてもらえるようになりました。


荷物室というとなんだか心配になる方もいらっしゃると思いますが、気圧・室温ともに調節されていて、快適な環境ですから、そのあたりの心配は無用です。


心配なのは、ペット預かり専用のカウンターからチェックインさせたときから、到着時のカウンターまで会うことができませんので、フライト時間+2,3時間かかりますので、そのくらいの時間、アナタと離れ離れになって大丈夫か、という点でしょう。


飛行機に乗れると、旅行の選択肢の幅がグッと広がりますね。


バスツアー

車で行ける距離だけど、運転免許がないし・・・、とか長距離の運転は嫌だな・・・、という方にオススメなのが観光バスツアー。

しかも、愛犬バスツアーのような、愛犬家とそのワンちゃんを対象にしたツアーを専門に開催している会社もあります。

たとえば、東京の会社が企画する「GODOG 愛犬と行くバスツアー」や、東海地方の会社が企画する「わんバスツアー」などがありますので、色々と探してみてはどうでしょうか。

愛犬家同士で楽しい旅が出来そうですね。


カーフェリー

自動車での長旅も、カーフェリーを利用すれば運転距離をグッと縮めることが可能ですね。

一般的なカーフェリーの場合、客室まで犬を連れて行くことができず、車の中に待機させなければならないので心配ですし、暑い季節などには無理ということになります。


ところが、神戸-大分間を就航している「さんふらわあ ゴールド」「さんふらわぁ パール」には、愛犬と一緒に客室に入れる「ウィズペットルーム」が用意されています。

室内は犬も自由にくつろぐことが出来ます。(ただし犬は「ウィズペットルーム」から外に出してはいけません)

室内にフードボール、ウォーターボール、トイレシーツも完備されていて、旅行好きの愛犬家には大変人気のようです。

利用は要予約です。


どうですか、あなたとかわいいワンちゃんも色々な旅を楽しんではいかがでしょうか。