「スワレ」のしつけ

「スワレ」のしつけ



「スワレ」あるいは「お座り」は、すべての犬の行動の基本のしつけです。

犬は視線を上げると、自然に頭が上がってお尻が下がることを利用すれば、どんな犬でも簡単にできるようになります。


「スワレ」のしつけ1

まずは、ワンちゃんの好きなおやつを手に持ち、目より下の位置で見せます。このときすぐにあげてはいけません。


背中を撫でながら落ち着けてあげても良いでしょう。


そして、それを顔が上に向くぐらい、上に持って行きます。

すると、顔を上に上げるのと一連の動作で、お尻が下がるはずです。



「スワレ」のしつけ2


そこですかさず「スワレ!」と声をかけます。


カタチだけでも「スワレ」ができたら、オーバーなくらいほめて、手に持っていたおやつをあげましょう。


これを定期的に繰り返せば、「スワレ」は意外と簡単にマスターできるはずです。


また、餌をつかわなくても、1.の姿勢のときに、犬の胸と背中に手を当てて、優しく胸を押しながら、背中を押し下げ、2.の体勢にしてから「スワレ」と声をかけます。(乱暴にしないように注意)


このとき、犬がすんなり座るようなら、ほめましょう。

手の補助はすぐにいらなくなるはずです。


犬が「スワレ」の意味を理解していないときは、お尻が完全についていない、中途半端な体勢のことが多いです。

最初はそれでもほめますが、回を重ねるごとに、お尻がもう少し下に行くまでほめるのを遅らせます。


その内、完全な「スワレ」になります。


注意点は、出来ないときなど、意地になって何度も繰り返さないことです。

5回も6回も続けて同じことをさせられると、犬が訓練自体を嫌がるようになってしまいます。