ドッグカフェなど飲食店でのマナー

ドッグカフェなど飲食店でのマナー



ドッグカフェは都心を中心に流行っていましたが、今では観光地にもたくさんのドッグカフェができてきています。

ドッグカフェとはいえ、利用している人は、愛犬家ばかりとは限りません。

普通のカフェですけど、犬もOKですよ、というスタンスのカフェなどでは、ペットを連れてない人の方が多かったり。


おとなしく待てるかな?

飲食する場所に犬を連れて行く場合、いつもにも増して周囲に気をつかいましょう。

会話に夢中になっていると、犬の行動に目が届かなくなりがちですので、定期的にあなたのワンちゃんの状態を確認しながらカフェを楽しみましょう。


基本的に犬は椅子の下か横の、邪魔にならない場所でフセをして待ちましょう。

「フセ」の状態で「マテ」が続けられるようにトレーニングしておきましょう。


店によって椅子に上がっても良いとするところもありますが、その場合もカフェマットやタオルを敷くなど、気を使いましょう。

  ↑便利なカフェマット

また、その場合もテーブルに足を掛けさせたり、人間用の食器から食べ物を上げたりするのは完全にマナー違反。

犬に何か食べさせたい場合は、持参した犬用のおやつを与えるか、店に犬用のメニューがあるようなら、注文すると良いでしょう。


無駄吠えも周囲に迷惑がかかりますので、舌打ち、低い声で叱る、リードでショックを与えるなど、吠えるのをやめさせるコントロール法を訓練しておきましょう。


あと気になるのは抜け毛。飲食をする場所だけに抜け毛には注意を払いましょう。

抜け毛が気になる犬種などは、服を着せて利用しましょう。店に寄っては服の着用が必須の場合もあります。